晴れることのない人生に合掌!

今日も曇り時々雨

クレジットカード

銀行ブラック?楽天銀行ジョーヌカードを申し込んでみた

投稿日:

自己破産したとき、100万円ほどの残債が免責になった楽天カード(楽天KCカード)。
当然社内ブラックとなっており、喪明けした現在でも楽天カードは作ることができません。(KCカードで関係のありそうなYahoo!Japanカードは可決されました。)
今回挑戦してみるのは楽天銀行が九州カードと提携して発行している「楽天銀行ジョーヌカード」というクレジットカードです。

楽天銀行も社内ブラック??

実は私、楽天銀行でもやらかしてます。

ちょうどイーバンクから楽天銀行へ銀行名が変わる頃、当行発行のVISAデビットカードはガソリンスタンドや月額決済など、いわゆる「遅れ決済」に使えていました。

当時まだ返済に追われ、給料は即消え、クレジットカードの枠は常に天井の自転車操業だった私です。楽天銀行VISAデビットカードの遅れ決済分を支払う余裕も当然なくデビット機能停止、後に口座も強制解約となってしまいました。

因みにVISAデビットカードの残債は楽天銀行が債権を売り渡したであろう某損保会社より請求がきました。(後に返済済み)

そんなこんなで私はたぶん楽天銀行そのものに社内ブラックとして登録されている可能性大です。

楽天銀行の口座再開設はすんなりできた

まだ喪中だった時、「還元率1%のJCBデビットカードが楽天銀行から出た」というニュースを聞き、私は恐る恐る楽天銀行に口座を再開設してみるとこにしました。

結果は特に待たされることもなくすんなりOK、無事JCBデビットカードも発行されました。

ということで銀行口座の開設やデビットカードの発行は社内ブラックでも特に問題ないようですが、さすがに楽天カードやカードローンの勧誘は今現在も一切来ません。(やっぱり社内ブラック?)

イーバンク時代の名残り?提携カード

楽天銀行はデビットカードの他、3種類のクレジットカードを発行しています。

一つ目は楽天カードと提携した楽天銀行カード。
あの楽天カードと楽天銀行キャッシュカードが1枚になったカード。
普通はみんな(楽天銀行でクレジットカード作るなら)このカードを作ると思います。
ただし、Edy非搭載・ポイントカード機能なし・国際ブランドはJCBのみなど、普通の楽天カードとかなり違いがあるのでクレジットカードとキャッシュカードを1枚にしたいという人以外にはあまりオススメできません。

二つ目はセディナ提携した楽天銀行セディナカード。
こちらは年会費が2千円ちょっとかかる上、楽天スーパーポイントが貯まる訳でもなく、還元率も0.5%となっているのであまり申し込む人はいないでしょう。
国際ブランドはVISAのみ。
唯一、イオンやダイエーで常にポイントが3倍になるというメリットがあります。

三つ目は今回私が申し込んでみた九州カードと提携した楽天銀行ジョーヌカード。
年会費無料なことを除けば二つ目のセディナカードと機能はほぼ同じです。
つまり普通の人がこのカードをわざわざ申し込むメリットはほぼありません。
楽天銀行をメインで使っていて、VISAブランドの年会費無料クレジットカードが一体になったカードが欲しいという人は別ですが。。。

自社グループにクレジットカード会社を擁する楽天銀行がなぜセディナや九州カードと提携しているのかは不明ですが、おそらくイーバンク時代の名残もしくは何か事情があるのでしょう。

申し込み

1月9日の午前中、楽天銀行のウェブサイトより申し込み。
キャッシング枠は特に必要ないので申し込んでいません。
直後、楽天銀行より「クレジット一体型キャッシュカード申込受付」というメールが届きました。
内容としては「審査の結果、発行が見送りとなる場合が〜」というものです。
否決の可能性大ですがここはとりあえず大人しく待つことにします。

本人確認の電話あり

三連休を挟んで4日後、九州カードより携帯に本人確認と申し込み意思を確認する電話がかかってきました。
その後、職場にも在職確認の電話があった模様。

ん〜、なんかものすごい念の入れようというか、カード申し込んで電話がかかってきたのは初めてです。

この時点でやはり楽天銀行のブラックが影響しているのかと思いましたが、否決されるのにわざわざ電話かけてくることは無いはず・・・と自分に言い聞かせ、結果を待つことに。

審査結果はメールにて

本人確認の電話の次の日、「楽天銀行ジョーヌカードについて」というメールが届きました。
なんかタイトルからしてものすごく嫌な予感しかありません。

開封してみると・・・
お客さまからお申込いただいた楽天銀行ジョーヌカードの発行手続が完了しました。
どうやら可決したみたいです!

無事カード到着

可決メールから1週間後、簡易書留にてカード到着しました。

限度額は30万円ですがこのカードの公表されている最高限度額が30万円なので、最初からこれ以上で設定されることはないようです。

因みにジョーヌカードの「ジョーヌ」とはフランス語で黄色という意味らしいですが、券面やデザインに黄色はまったくありません。(リニューアル前の券面は黄色でした。)

VISAのタッチ決済も搭載されています。

あくまで九州カードのクレジットカード

見かけは楽天カードによく似てますが、クレジットカード機能は楽天グループと何の関係もない九州カードのクレジットカードです。
Webサービスやポイント、その他ETCカードの発行などはVJA提供のサービス(Vpass)を使うことになります。

あと、ふと思い出したことですが・・・
私は破産時に三井住友VISAカードも含まれていたのでもう二度と4980発番のVISAカードとVpassには縁が無いと思っていましたが、間接的ではありますが再び4980発番のVISAカードを手にするとこができ、なんだか感慨深いものがあります。

まとめ

楽天カードおよび楽天銀行に迷惑をかけていても楽天銀行ジョーヌカードは発行されました。
おそらくセディナカードも大丈夫だと思います。
限度額が低いこともあり審査難易度はそう高くないでしょう。

しかし上でも述べましたが、このカードを持つメリットはほぼありません。

  • 楽天関係の恩恵は何も無い
  • ハッピープログラムのステージも上がらない
  • ポイント還元率は0.5%
  • 限度額低め

数少ないメリットとしては

  • クレジットカード発行元は銀行系カード会社
  • 年会費無料
  • VJAの各種サービスを利用可能

ぐらいでしょうか。
にしてもわざわざこのカードである必要はやはりないと思います。
ごく希に楽天カードと間違えて申し込む人がいたり、お店で使う時に楽天カードと間違えられたりすることもあるようです。
その当たりを理解した上で、あえて申し込むのは何の問題もないと思います。

私も今回、実験的な申し込みでしたが、カード発行されたのでしばらく楽天銀行をメインにしてこのカードを財布に忍ばせておこうと思っています。

-クレジットカード
-,

Copyright© 今日も曇り時々雨 , 2020 All Rights Reserved.